我が国の上水道普及率はとても高く、全国津々浦々まで水道の蛇口をひねるだけで水が利用できるようになっています。
これだけ便利に水が使えるのなら、人々はに対して何の不満も持たないはずです。
ところが、水に不満を持っている人が多いと言う事を証明する事態が起きているのです。
その事態と言えるのが、ミネラルウォーターやウォーターサーバーを利用する人の多さだと言えます。
若し水道の水に人々が満足をしているのならば、ミネラルウォーターやウォーターサーバーなどを利用する人はいないはずです。
しかし現状は、飲料水としてミネラルウォーターやウォーターサーバーを利用する人が年々増えています。
では水道水の何が不満でミネラルウォーターやウォーターサーバーを利用している人が増えているのかと言えば、それは水道水の安全性と味だと断言できます。
水道水は消毒してありますから、安全性は担保されているはずです。
ですが水道水に混入されている消毒薬が、人間の健康を脅かす恐れがあるのです。
またこの混入されている消毒薬のおかげで、水の味が悪くなってしまい、味の面でも水道水は敬遠されてしまっています。
これらの理由により水道水ではなく、ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水を飲料水とする人が増えているのです。
特にウォーターサーバーの普及率は急速に高まっており、今ではあちこちの場所で利用されるまでに至っています。
ウォーターサーバーと言えば、昔は企業でしか使わる事はなく、高価なお水として扱われていました。
しかし世間で安全で美味しい水を安価で飲みたいと言う需要が増した事により、ウォーターサーバーは経済性を高めて行きました。
そのおかげで、それまで高価で企業でしか使えなかったウォーターサーバーを、私たちの一般家庭でも使えるようになったのです。
今やウォーターサーバーの水は、普通の水道水と大差ないコストで利用できるようになり、普及が加速しているのです。
人々の安全で美味しい水を飲みたいと言う需要は、今後もますます増えて行く事が予想されますから、ウォーターサーバーの需要もそれに比例して増して行くと思われます。