何かを設置する時には、しばしば大きさがポイントになります。ある程度は面積が限られている時などは、できる限りスリムな方が良い事もあるのです。
ウォーターサーバーなどは、その1つです。初めてそれを見た方々などは、少々大きいと感じている事もあります。最近では一部のお店も、ウォーターサーバーを設置しているでしょう。初めて見た時には、やや大きい機械だと思われる事もあります。
しかし、それもウォーターサーバー次第なのです。やはり製品によって大きさに違いがある事だけは、ほぼ間違いありません。
まず床に対する面積ですが、大抵のウォーターサーバーは30センチ台で設定されているのです。35センチ四方のウォーターサーバーもあれば、33センチ四方の製品など、それこそ非常に多彩です。
ただ、やはりウォーターサーバーによって微妙な違いがあるのも確かです。例えばあるメーカーの製品などは、1辺が36センチ台になります。そしてもう一辺が29センチになるのです。
そうかと思えば別のメーカーの場合は、2つの辺はどちらとも30センチになります。各メーカーによって床面積は異なりますから、よく比較してみると良いでしょう。
ただ、さすがに1メートル平米のウォーターサーバーなどはほとんどありません。全体的には、やはり30センチ前後と設定されている製品が目立ちます。
このように床面積を基準にウォーターサーバーを選んでみると良いのですが、実は高さなども選定基準の1つになります。そして、実は高さの方が大きく異なるのです。
例えば、次のような数字があります。88センチと110センチと136センチと124センチです。この4つの寸法が何を示すかというと、ある4つのウォーターサーバーの高さです。ご覧の通り、各メーカーによってそれなりに高さに違いがある事が分かるでしょう。中でも上記の88センチのメーカーなどは、やや小さめなサイズである事は明らかです。
ちなみにメーカーによっては、実に40センチ台に設定されている事もあるのです。実に上記の4つのサーバーと比較しても、3倍程度の差がある事になります。高さが大きく違うことだけは明確でしょう。
このようにウォーターサーバーというのは、それぞれサイズが大きく異なる訳です。それで冒頭でも触れた通り、建物によっては設置面積や高さなどが、若干限られる事もあるでしょう。そういう時には、ウォーターサーバーの具体的なサイズを比較した上で、一番良いのを選んでみると良い訳です。