ウォーターサーバーにはメリットとデメリットがあります。まず初めにメリットとしては、美味しく飲めて安全性も高いこと、ペットボトルを購入する手間が省けること、冷水は勿論、お湯も出るので沸かす手間が省けるといったことなどがあります。

安全で美味しいというのは絶対条件ですが、重たいお水を買う手間が省けることで重たい荷物を運ぶ手間も同時になくなります。

また、お米を炊く時、スープや煮物など料理にも使えるし美味しい水で作れるというのは食が進みますよね。また、赤ちゃんのミルクなどにも温水、冷水を混ぜて使うことができます。

しかしデメリットもあり、まず一つは水代が高いこと、電気代がかかる、ウォーターサーバーやボトルの保存場所が必要なのでスペースをとること、サーバの衛生面の問題などがあります。

水の料金はスーパーなどに比べ料金が跳ね上がってしまうので、そういったデメリットは大きいかなと思います。また、電気代もかかるので、温水にするのも抵抗があるというのもあります。衛生面は定期的なメンテナンスを行えばなんとかなりそうです。
こういったメリットとデメリットを通してみると、ウォーターサーバーじゃなくても、水を綺麗にしてくれるようなボトルさえあれば、料理にも使うことができるし、普段飲むお水も美味しくなるのではないでしょうか。ボトルタイプのものは水道水を綺麗にしてくれるものなので、低コストですし、いいと思います。

こういった商品を買う際には、コストの面や衛生面、大きさなどによってのスペースを気にしなくてはなりません。なので、それに似た商品などを見つけてみるのもいいでしょう。

ウォーターサーバーに関しては、メリットも多くある反面、デメリットも同じようにあるのでどちらか迷うところですね。

赤ちゃんのミルクにも使える点や、手間を省けるという点では、妊婦さんやお子さんのいる方には重要なポイントなのかも知れません。子育てをしながら重たいものを運んだりするのは大変ですし、女性には重労働になってしまうので、そういった面ではウォーターサーバーはいいかもしれませんね。