近年、調理や飲料として使う水に対し、水道水を使わない家庭が増えてきました。
そこで人気となっているのがウォーターサーバーですが、人気が故にかなりの数のメーカーが参入してきており、それこそ星の数ほどの会社がウォーターサーバーを提供しています。もちろん各社それぞれにウリや強みがあり、価格やサービス内容も様々で、どういった会社の物を選べばよいのか迷う方も多いでしょう。また、水なんてどれも変わらないので、価格が安いことに越したことはないと値段で選ぶ方もいるかもしれません。
でも実は、ウォーターサーバーの水は大きく分けるだけでも二種類のものがあるんです。天然水、と呼ばれるものと、RO水、と呼ばれるものです。ここでは、その二種類について説明します。
まず、天然水はその名の通り天然由来のもので、決められた特定の水源から地下水を採取し、化学処理は行わず、ろ過、沈殿、加熱などの処理をしたものです。
次にRO水ですが、こちらは水源は指定されておらず、RO膜と呼ばれる非常に細かいフィルターを使い微細な不純物を取り除いたものとなります。
この二つがどう違うかというと、最大の違いは含有されるミネラル分です。天然水には水源ごとの特色を持ったミネラルが含まれており、RO水にはそういったものが含まれていない純粋な水となります。RO水はこういった点からピュアウォーターとも呼ばれます。この違いが何に影響するかと言うと、まずは味です。天然水は含まれるミネラル分によって複雑な味となり、よく言われる「おいしい水」となります。RO水は無味無臭となりますが、逆に言えば料理に使う際に影響を与えないので、より素材を生かした料理ができます。また、天然水も十分に安全であると言えますが、より安全性が高いのはRO水と言えるかもしれません。
もう一つの違いは価格面です。一般的には、天然水よりRO水のが安価な場合が多いと言えます。
どちらが良いとは一概には言えませんが、それぞれに違うメリットがありますので、ウォーターサーバーを契約する際には、これらを理解してより好みな水の種類を選ぶと良いでしょう。