ウォーターサーバーは、数十社から製品が販売されている為、どの会社を選べばよいか迷ってしまうところです。
数あるウォーターサーバーの中から自分に合う製品を選ぶ為には、まず水の種類がRO水と天然水の2種類がありますから、最初にどちらかを選ぶ事をお薦めします。
RO水とは、RO膜というフィルターで濾過した水の事で、不純物がなく綺麗な水である事が特徴です。
ただ、美味しさの点では天然水よりも劣る為、味を良くする為にミネラル分を添加しているケースもあります。
一方、天然水とは、濾過・沈殿・加熱処理以外の処理をしていない地下水の事です。
不純物の少なさの点ではRO水に一歩を譲りますが、美味しさの点では勝ります。
どちらが良いかは、好み次第という事になります。
次に、水が入ったカートリッジの交換方法として、リターナブル方式とワンウェイ方式とがありますから、この点も選択のポイントになります。
まず、リターナブル方式ですが、空になったカートリッジを取扱い会社に返却し、再利用する方式です。
この方式は、資源の再利用という観点においてメリットがある為、環境意識の高い人に向いています。
次に、ワンウェイ方式ですが、こちらは空になったカートリッジをそのまま廃棄する方式です。
この方式は、利用時に水が空気に触れない為、水がいつまでも新鮮な状態に保てるメリットがあります。
しかし、資源の再利用という観点からはデメリットがある為、どちらを選ぶかは個人の感覚に委ねられます。
それから、会社によってカートリッジの容量に違いがありますから、これも選択のポイントになります。
カートリッジの容量は12Lの所が主流ですが、中には8Lや6.2L等という小さ目の容量を採用している会社もあります。
12Lの水は12kgの重量がありますから、これをウォーターサーバーの上部まで持ち上げるのは、意外と大変です。
腰の悪い人や、女性の一人暮らしなどの場合は、それより小さい容量を採用している会社を選んだ方が良いかもしれません。