私たちの国は水道のインフラが整備され、いつでもどこでも水道の蛇口をひねれば、幾らでも水が使えるようになっています。
ですから現代の私たちは、水に不自由する事は無くなって来ているのです。
ところが水道水は量的には問題がない物ですが、質的には問題がないと言いきれない所があります。
水道水には菌が含まれてはいけませんから、菌を殺す為に様々な薬剤が混入されています。
そのおかげで私たちは安心して水道水が飲めている訳ですが、逆に薬剤が私たちの体に悪影響を及ぼしてしまう事があるのです。
ですから水道水は安心して飲める飲料水とは、一概には言えないのです。
そこで水道水に信用が出来なくなった人は、浄水器を使ったりミネラルウォーターを飲むようになりました。
浄水器と言うのは水を浄化する働きをしてはくれますが、完全には浄化しきれないのです。
所詮元は水道水ですから、薬剤の一部は浄水器を素通りしまいます。
ですから浄水器は水道水の薬剤を減らす事は出来ても、完全に取り除く事は出来ないのです。
またミネラルウォーターは水道水ではありませんから、薬剤の心配をしないで済みます。
ただミネラルウォーターは水道水よりも単価が高いですから、毎日飲む飲料水として経済性があまりよろしくはないのです。
いくらミネラルウォーターが安全で美味しい水だからと言って、経済性が悪いのでは家計に大きな負担を与えてしまいます。
ですから浄水器にしても、ミネラルウォーターにしても、人間が飲む飲料水としては適しているとは言えないのです。
では何を飲料水として飲めばいいのかと言えば、答えはウォーターサーバーの水だと断言できます。
ウォーターサーバーの水は水道水から完全に切り離されていますから、ミネラルウォーターと同様に安全性が担保されています。
しかしウォーターサーバーの水はミネラルウォーターよりも単価が安いですから、経済性がとても良いのです。
つまりウォーターサーバーの水は、安全性と経済性の両方を兼ね備えた、理想的な飲料水だと言えるので、水道水に対して不安を抱いている方には、ウォーターサーバーの水がおススメできるのです。