日本は水資源に恵まれた国であり、日本百名水はもとより、各地に美味しい名水が存在します。また水道技術も世界有数で、安全安心な水が日本中どこでも蛇口を捻れば得る事ができるのです。
日本人の多くは、名水の味を知っており、安全安心な水に飽き足らず、さらに美味しい水を求めているのです。それに応えるべく、水道水も高度浄水を供給できるように技術を磨いて来ました。高度浄水の原水は名水と区別ができぬほど美味しい水となっています。しかし残念ながら、各家庭に古くなった水道管を通って送られる事で、大きくその水が劣化してしまうのです。
そんな事情から、味にうるさい日本では、ペットボトルで多くの名水が市販されてきました。生水を飲む場合や、コーヒーやお茶を美味しく頂くために、こうしたペットボトルの名水を利用している家庭は結構多いのです。
しかし、良く水を利用する家庭では、このペットボトルで名水を購入し、自宅に持ち帰る事が結構大変なのです。2リットルのペットボトルを2本買っただけで、4kgになるのですから、色々な日常品の買い物をして一緒に持ち帰るのは大変なのです。
そんな中で、近年ウオーターサーバーを無料で設置し、大きなボトルを定期的に家庭に配達してくれると言うビジネスが拡大してきました。我が家もペットボトルの名水を利用しており、このウオーターサーバーには関心があったのですが、中々契約して利用するまでには至りませんでした。
ペットボトルで名水を市販している企業は、大手の飲料水メーカーが多いのですが、ウオーターサーバーに宅配で名水を配達してくれる業者はこうした起業ではなく、余り知らないメーカーだったからかも知れません。
しかし、あるテレビ番組でウオーターサーバーを無料で設置し、宅配で名水を配達してくれる企業の工場の様子を見る機会がありました。そこでは、当然ではありますが、ほとんど無人に近い状態で名水がボトリングされている光景が映し出されていました。
こうした工場の様子を目の当たりにし、その安全性に対する信頼が増すと同時に、大きなボトルをウオーターサーバーの上部に入れ替えるのが厄介だと思っていたのが、上部に設置する必要がなく、サーバーの下部に置けば良いだけのタイプが出現し、契約して導入する事を決断しました。
いつでも冷水もお湯も手軽に利用でき、ペットボトルを買う手間もなければ、切らす事もなく、本当に設置して良かったと思っています。名水をこんなに簡単にいつも手近にある事は、便利を通り越して幸せと言えるのかも知れませんネ。