人間の体の半分以上は水分が占めていますので、水が人間が生きていくために欠かせない物であることは確かです。
昔は水を手に入れるのは容易ではありませんでしたが、水道設備が整備されてからは、容易に水が手に入る様になりました。
現代は水道の蛇口をひねれば水が幾らでも出て来てくれますから、水に不自由する事は全くと言っていいくらい無くなりました。
しかしこれはあくまでも水の量に関しての事であって、水の質に関して問題がないと言う訳ではありません。
水道設備が全国に遍く普及した現代であっても、水の質に関して不満を持っている人は少なくはないのです。
水の何に不満を持っているのかと言えば、それは味と安全性です。
水道の水にはいかなる菌も存在してはなりませんから、水道の水には殺菌の為に薬品が混入されています。
この薬品の混入のおかげで、水道の水には全く菌が含まれておらず、その点では安全で安心であると言えます。
薬品は菌を殺すほどの力がありますから、人体に全く悪影響がないとは言い切れません。
また薬品にはニオイがありますから、このニオイが水に残ってしまい、水の味を悪くしてしまっています。
つまり薬品が、水道水の質を落としてしまっているのです。
水道水の質を落とさないためには、薬品を入れなければいいのですが、そうなると水の殺菌が出来なくなります。
それでは水道水の安全性が担保できませんから、薬品を混入しない訳にはいかないのです。
ですから水道水の質を良くする事は、現在では容易にできませんから、水道水に質を求める様な事は出来ません。
水に質を求めるならば、ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水を使うしかありません。
どちらの水も薬品が混入されていませんから、味や安全性の面では同じだと言えます。
ウォーターサーバーの水は、これに経済性が加わります。
ミネラルウォーターはどうしても単価が高くなってしまい、経済性の面で劣ってしまうのです。
水と言うのは毎日飲み続けるものですから、経済性も大事なものだと言えます。
ウォーターサーバーの水は経済性だけ見れば水道水よりは劣りますが、ミネラルウォーターよりははるかに優れています。
経済性だけでなく、味や安全性と言った物も加味して考えれば、ウォーターサーバーの水は水道水よりも優れていると考えられるのです。
味、安全性、経済性と三拍子そろっている水はウォーターサーバーの水以外にはありませんから、ウォーターサーバーの水は人間が飲む理想的な水であると言っても過言ではありません。