全国各地においしい水がペットボトルで販売されています。現地に行かずともネットで購入や、大手メーカーなどのはスパーやでデスカウントショップで安く購入できます。持ち運びなどを考えると500mlが手頃です。それを毎日飲むとなるとペットボトルの空き容器があっという間にたまりゴミの始末が面倒になってしまいます。ウオーターサーバーは、会社や病院などで誰でも手軽に飲めるコーナーに置いてあるイメージ感があります。「冷たくて、おいしく飲める。」のは手軽ですがデザインはよくありません。また自宅で使ってみたいけど、設置場所や購入代金を考えると一般家庭には家計的にも手が届かないと思い諦めてしまいます。ところが、現在ではボトル丸出しの見た目が「ウオーターサーバー」という商品よりインテリア調のすっきり感のサーバーなどが各メーカーから出ています。どのメーカーの水を購入するかより、自宅に設置する場合は見た目も重要になってきます。正直、水自体の味はどこのメーカーもおいしさは変わらず衛生面も特に差異はないでしょう。天然水の成分などを気にする場合は別に考慮する必要はあります。ウォーターサーバーは、簡単に言うと水の宅配です。贅沢品と思う人もいるはずです。実際に設置することをシュミレーションすると、ほとんどのメーカーはレンタル料は無料でウオーターも大体500mlあたり50円前後です。あとは、設置場所のスペースと電気代です。コンパクトなものもあるので自宅に合ったものを選択すればよいことです。気になる電気代もメーカの違いもありますが月350円~です。また、冷たい水だけでなく温水も出るのがあり生活スタイルに合わせて検討しましょう。ですから、毎日ペットボトルで水を購入しているのならば、ウオーターサーバーの方が断然お得でゴミもでません。スタイリシュなデザインなものを選ぶとリビングに設置しても違和感もなく、いつでも手軽に飲めます。ウオーターサーバーはオフィス用品から今や家庭の必要物品になりつつあります。天然の湧水に恵まれた土地柄に住んでいる私ですらウオーターサーバーが欲しいです。現在は、都会に住む子供たちにペットボトルを定期的に宅配していますが、今後はウオーターサーバーにしようと現在は商談中です。なぜなら、水代・レンタル料・メンテナンス・解約金など細かいことがあり、スーパーで手軽に購入するのとは違い面倒なことはありますが、私たちの生活に身近になったことには違いありません。