我が家は10年以上、ウォーターサーバーを使用しています。
一般家庭では珍しいと思いますが、知人に「バナジウム入りの天然水」の健康効果をすすめられたのが発端です。
2リットル入りのボトル買いが面倒になった頃、新聞で知りました。
「富士の湧水」は、使用中3回ほど会社が変更になりましたが、届けてくれるサービス、応対の良さ、銀行引き落としの利便さ、価格の安定、等々文句なし。

変更のきっかけは、ガロン容器の重さで、上置きタイプのサーバーでは持ち上げ難くなったからです。
10年も経つと加齢で腕力が落ちますから、これが大仕事になったのです。
もちろん私は最初から交換は主人任せでしたから、下置きタイプの広告を見たとき、早速相談しました。
下置きタイプの考案は、主婦などの女性でも簡単に扱えるようにした結果だとか。
そうですよね、女性にはガロン容器などを持ち上げるのには無理があります。
近年特にウォーターサーバーが家庭に定着してきていて、女性の意見は大切だと気付いたのでしょうか。

バナジウムの健康効果も、当時はネットにも殆ど出ていなかったのに、ウォーターサーバーを変える際に調べたら、いっぱい出ていました。
我が家は先取りしていた訳で、主人もバナジウム水には信頼を感じていたのか、「まずは富士の湧水」に連絡して「下置きタイプ」があるかどうか確認することと指示。
早速電話すると丁寧に受け答えをしてくれて、流石はイワタニと感心しましたが、最後のガロン容器引取りの際も「長年ありがとうございました」と担当者さんからお礼を言われました。
少し淋しい気分ですが、次の業者さんとの違いに、「富士の湧水」で下置きタイプが出たら「絶対又戻そう」と思ったくらい。

次に探したのが「ラピロスの雪花」で、バナジウム入りの富士山麓の天然水です。
初期費用なしで、配達料もなし、ウォーターサーバーレンタルも永久無料、水の代金のみの支払いでとても簡単。
ですが、「富士の湧水」と比べると、普通の宅配業者が運んでくる、なんだか軽いダンボール入りの薄い容器はちょっと不安でした。
着払いですが、キチンと決まった日には届きます。
下置きは安全で簡単、ウォーターサーバーのデザインはとってもシンプルで可も不可もなし。
使用済みのボトルはリサイクルゴミとして出せるので合理的。
水の味の違いまではよく分かりませんが、ともかく下置きで楽にはなったように思います。

主人曰く、「それでも重い」とのことなので、次にはもっと手軽な小さなウォーターサーバーを検討しています。