寒い冬でも、私は他の人より水を飲むほうです。水を飲むことは単純に体に良いということが理由のひとつですが、大きな理由は他にあります。それは結石予防のためです。今までの人生で、私は2回結石に苦しめられました。その激痛は前に結石ができてから数年経った今でも覚えているほどで、もう2度体験したくありません。

当時通院していた病院で医師から「とにもかくにも水を飲みましょう」と言われ、それをきっかけに水を飲むことを意識するようになりました。そこで、夏がおとずれる前にいつも悩むのが、家庭用ウォーターサーバーの導入についてです。

単にちょっとした健康増進目的で水を飲むなら、市販されているペットボトルの水を買って飲めばそれで事足りるのかもしれません。しかし、私のように水を飲むことが直接的に病気予防に関係する場合、定期的においしい水を飲めるような環境にしておくのが一番望ましいです。もしもウォーターサーバーを導入すれば、今よりもっと水を飲む習慣が定着するはずです。

今まで勤めていた職場でウォーターサーバーが導入されたり、友人が導入したのを見ているので、その便利さについてはよくわかっているつもりです。ウォーターサーバーがあれば「水を飲みたいな」と思ったときとても手軽に水を飲むことができます。

しかも、ウォーターサーバーの水はとてもおいしい水なので、そこもまたウォーターサーバーを評価している点です。

ウォーターサーバーを導入するとなればそれなりのコストがかかりますし、家の中で場所も取ります。その2つのポイントがあるので、今まではなかなか導入を踏み切れずにいました。

しかし、導入することで結石予防に役立つのなら、絶対無駄にはならないと確信しています。今はその都度ペットボトルの水を飲んでいますが、それだけではちょっと物足りないような気もしています。前に結石ができてから数年経っているということもあり、どこか「もうならないのではないか」と安心してしまっています。

このまま結石にならないのならそれに越したことはありませんが、そのためにはやはり「水を飲む」という努力が欠かせないです。

業者によってはとりあえずお試しでウォーターサーバーを設置できたりしますので、まずはそこから始めてみればどんな使い心地なのかよくわかります。それをやってみて万が一いまいちなら導入を見送れば良いだけですし、どうすれば良いのかできるだけ早いうちに考えをはっきりさせたいです。