体が小さな赤ちゃんは大人よりも敏感です。ミルクに使う水にも気をつける必要があります。
放射能汚染で水道水に不安を抱えている方もいると思います。水道水には塩素やトリハロメタンなどが混入している恐れがあり、そのまま赤ちゃんに与えるのは危険です。沸騰させれば塩素は取り除けるといわれていますが、沸騰させると塩素が濃縮してしまいます。完全に不純物を取り除くには、逆浸透膜という数十万円もする浄水器をつける必要があります。赤ちゃんの健康のためとはいっても数十万円もの購入は難しいですよね。
ペットボトルの水を利用することもできますが、ミネラルを豊富に含む水を与えると下痢になる恐れがあるので適していません。また、買い物に行く手間や重い荷物を持ち運ぶ苦労もあります。小さな子供がいるとなかなか買い物に行くのも難しいと思います。
赤ちゃんのミルク作りに役立つのがウォーターサーバーです。
ほとんどのウォーターサーバーの水は放射能や塩素などの検査がされていて、安全性が確認されています。定期的に検査をして公開しています。しっかり検査されていて不検出が確認されているので、赤ちゃんに安心して与えることができます。
ウォーターサーバーの水にもいろいろあり、富士山など自然からくみ取ったものや、水道水などを逆浸透に通したものなどがあります。逆浸透膜を通したものは不純物が完全に取り除かれているので安心、ミネラルもほとんど含んでいないので、赤ちゃんに与えても下痢を起こす心配がありません。
自宅の玄関まで配達してくれるので、買い物に行く手間を省けて重い荷物を持ち帰る苦労もありません。赤ちゃんがいると外出が難しいですが、自宅まで届けてくれると助かりますね。
ウォーターサーバーは冷水と温水の両方を使用できます。ミルクを作るのにお湯を沸かして冷やすのを面倒に感じませんか。すぐにミルクを与えたくても作るのに時間がかかってしまいます。冷水と温水が同時に使えるウォーターサーバーなら、お湯を沸かす時間を省けてすぐにミルクを与えることができます。